仕事・社員を知る 山村 紗永|GPBL Recruting Special Site 採用サイト

女性の美しさをもっと引き出し、女子プロ野球の魅力を伝えたい。ファンとの交流が最高に楽しい時間。私が担当する広報の仕事は、試合のある日とない日で大きく変わってきます。試合がある日は、早めに球場に入って準備をし、時間になれば入場ゲート前でお客様を出迎えます。ファンとの交流は最高に楽しい時間。皆さん優しくて、このアットホームな雰囲気は女子プロ野球ならではないかと思います。女子プロ野球機構ではYouTubeライブ、Ustreamで試合の生中継をしているのですが、試合前にスーパーバイザーの太田幸司さんと私とで「本日のみどころ」をお伝えします。野球の知識が乏しい私にとっては、学びの多い貴重な時間です。試合中のアナウンスも私の担当です。球場の熱気の中で落ち着いたアナウンスを心がけています。 一途な選手たちの美しさを見てほしい。自由な学生生活を送ってきた私とは違い、選手たちは一途に野球に打ち込んできた人ばかりです。女性が野球を続ける上での多くの困難を乗り越えてきています。いまプロとしてさらに高みを目指して努力を続ける同世代の彼女たちを応援したい、力になりたい、それが仕事のモチベーションです。私が持っている栄養や美容の知識を活用して、女性ならではの魅力をもっと引き出し、強く、美しい、誰もが憧れるような女性アスリートの代表として、女子プロ野球選手を育成したいと思っています。 一球入魂の凄さ、野球の面白さにびっくり!もっとたくさんのお客様、とりわけ女性やお子さんに女子プロ野球の魅力をお伝えしたいと、女性限定の野球教室をはじめとするイベントの企画も行っています。試合のない日は、こうした企画業務のほかに、情報収集や選手の取材アテンドなどをしています。元々スポーツは好きでしたが、観るのは主に陸上などの個人競技でした。チーム競技には興味がなかった私ですが、日本女子プロ野球機構に入社してからは、チームプレイの素晴らしさ、一球入魂のドラマで綴られる野球の面白さに引き込まれています。異業種からの入社で最初は不安でしたが、そんな気持ちはすぐに吹き飛びました。とにかく、一人でも多くの方に女子プロ野球の熱い試合を観ていただきたい。この思いをすべての選手、スタッフと共有し、同じ目標に向かってがんばれるのも仕事の醍醐味です。 山村 紗永 Sae Yamamura2012年4月キャリア採用で入社、広報を担当。テレビや新聞の取材対応や試合前のセレモニー進行、試合中のアナウンス、イベントの企画・運営などを担当。学生時代にミス日本コンテストへの出場経験があり、美容やマナーに関する豊富な知識を選手育成にも活かしている 試合がある日(デイゲーム)7:30球場集合スタンド清掃や案内掲示物の用意など11:00イベントの準備・確認原稿チェックや球場内のマイクテストなど12:00お客様のお出迎え入場ゲート前で、選手や球団マスコットと一緒に12:20YouTubeライブ、Ustream放送開始太田SVとのトーク「本日のみどころ」12:40セレモニーの進行テーマソング『プレイボール』の斉唱や始球式など13:00プレイボールとともに イニングMCスタートイベント情報や選手情報、試合日のお知らせなど15:00試合終了後、お客様のお見送り 16:00片付けや掃除17:00解散 試合がない日8:30出社朝礼、ミーティング9:00オフィスワーク原稿整理、取材やイベントに出演する選手のスケジュール調整、選手のヒアリング、クリッピングなど11:00試合検証ミーティング12:00ランチ13:00昼ミーティング予告先発選手のコメントまとめや、公式HPの打ち合わせなど15:00テレビや新聞などの選手取材の対応、ラジオ出演 16:30取材内容のまとめと明日以降の準備facebook更新や試合準備、必要な備品の用意など18:00退社 いちばん驚いたことIBAF女子野球ワールドカップで、日本は大会三連覇をしているという事実!日本の女子野球のレベルは、世界トップだと知って本当に驚きました。もちろん、この世界一のチームには、日本女子プロ野球リーグの選手が参加しています。いちばん癒されるもの選手たちの純粋さと素直さです。野球一筋、私とはまったく違う時間を過ごしてきた彼女たち。もっときれいになってもらうおうと行っている研修では、メイクやマナーに関する私の話を素直に聞き、興味を持って実践してくれています。趣味旅行。美味しいモノを求めて、日本全国を旅しています。

仕事・社員を知る 市村 友希|GPBL Recruting Special Site 採用サイト

球場から、番組からも伝えたい。女子プロ野球は楽しい!自社制作番組を通して、選手の素顔を紹介。毎週水曜日Ustreamで、自社制作番組を放送中です。日本女子プロ野球リーグの選手2人が週替わりでパーソナリティになり、お互いの素顔を披露したりファンの方からの質問に答えるなど、にぎやかな番組です。私の担当は、番組の制作・進行、配信業務のすべて。ディレクター兼カメラマンであり、エンジニアでもあるので本番中はフル回転です。試合のある日は球場に入り、YouTubeライブ、Ustreamでの『試合中継』の番組制作と配信、試合後はYouTubeでの公式戦ダイジェスト動画の配信も担います。女子プロ野球リーグの魅力を多くの人に知ってもらうのが私の仕事です。 球場でお客様の笑顔を見られるのがうれしい!私自身は野球経験がありませんが、試合中に垣間見える選手の笑顔が大好きです。同時に、球場でお客様の笑顔を見られるのが最高にうれしいです。「この先きっと、なでしこみたいにフィーバーするよ。私たちは今から応援しているからね」とお客様に声をかけていただき、感動したこともあります。今はまだ女子プロ野球リーグの知名度は高くありません。だからこそ、私たちのがんばりが大切だと思っています。選手、スタッフがひとつになって、楽しさを伝える努力を続けています。私たちが楽しそうにしていれば、女子プロ野球リーグの楽しさは必ず伝わると思います。 一人ひとりの選手の真剣勝負に感動です。大学を卒業した後、一時テレビ番組の制作会社に勤務していました。男性が多い現場にもかかわらず、さまざまな壁を乗り越えながら、素晴らしい仕事をする女性たちがいました。同性として、私はがんばる女性を応援する仕事がしたいと考え、日本女子プロ野球機構に入社したのです。今とてもやりがいを感じています。男子とは違って女子選手がホームランを打つのはとても難しいのですが、私はこれまで選手が見事なホームランを打つ瞬間に立ち合ったことがあります。美しいアーチを描いてスタンドに入る白球、沸き上がるスタンド、そしてマウンドで崩れ落ちるピッチャー。命がけで勝負をしている選手の姿に胸が震えました。多くの方にこの感動をお伝えしたい。そう思っています。 市村 友希 Yuki Ichimura2012年3月キャリア採用で入社。番組の制作・配信やテレビ・新聞の取材対応といった広報業務を担当。地域政策を学んでいた学生時代、地元の独立リーグの立ち上げにあたって野球チームの運営に参加した経験があり、以来、野球運営に興味を持つ。テレビ番組制作会社での勤務経験あり。 試合がある日(ナイター)13:30球場に集合お客様に気持ちよく見ていただくためにスタンド清掃14:30機材セッティングUstreamで試合中継を配信するための準備16:30テスト配信きちんと配信できるか、動画や音は大丈夫かをチェック18:00試合中継開始選手の名前や得点などのテロップを間違いなく、見やすく出す21:30試合終了後、後片付け22:00YouTube公式戦ダイジェスト動画アップ23:00解散 試合がない日8:30出社朝礼、ミーティング9:00選手の取材調整テレビや新聞、雑誌などの取材調整選手と直接話せる機会なのでいろいろな話をしながら情報を収集12:00ランチ13:00昼ミーティング番組制作についてなど14:00自社制作番組の配信準備毎週水曜日にUstreamで配信15:00社内スタジオで番組配信本番テロップを出すなどのディレクションやカメラ操作も担当16:00広報業務女子プロ野球ブログの更新や取材調整、選手への連絡など18:00退社 いちばん気になることテレビのスポーツ番組や野球中継。前職の経験もあり、以前から自宅でテレビを見る時は、テロップの出し方や編集方法などをチェックしているが、最近はスポーツ番組や野球中継に集中。食い入るように見て、用語なども勉強中。いちばん得意なこと学生時代はダンス部に所属し、今も趣味としてダンスを続けている。球場では、試合前のイベントで各球団のマスコットや子どもたちと一緒にダンスを踊ることも。お客様との交流がとても楽しい。趣味料理。腕前は同僚からのお墨付き(?)